心筋梗塞のリスクを大きくカット|禁煙外来の力を知ろう

医者

体に影響をあたえる

病院

タバコは体に大きな影響を与えるものであり、喫煙している人に比べ禁煙者は病気を患いやすい傾向にあります。タバコを吸うことで、胃がん・肺がん・食道がん・心筋梗塞・肺気腫になど、あらゆる疾患を引き起こしてしまう可能性があるのです。呼吸器や循環器疾患になりやすく、またタバコの煙は周囲の人へも影響を与えます。家族が居る場合は、子どもや奥さん、祖父母などがこれらの病気を患ってしまう恐れがあるのです。タバコに依存してしまうとヘビースモーカーと呼ばれ、簡単に禁煙することが難しいです。タバコに含まれているニコチンは、脳と心と体を落ち着かせる効果を持っています。自分だけで気持ちを落ち着かせられない人にとっては、タバコの存在は大切なのです。体が大きな病にかかるだけでなく、心の病にもなってしまうと言えるでしょう。

城東区にある内科診療には、心筋梗塞のリスクを高める喫煙を断つための禁煙外来があります。内科では風邪や腹部などの症状から、禁煙をサポートしてくれる役割も持っているのです。城東区の内科診療では、このように禁煙外来を利用する人も多く見られます。禁煙を治療する薬には、チャンピックスと呼ばれる飲む治療薬とニコネチルの貼る治療薬があります。どれを服用するかは、医師と相談しながら自分で選べます。禁煙外来は保険が適用されているので、誰でも安心して受診出来ます。保険が適用されるので、かかる負担が軽減されます。保険を適用させるためには、決められた条件があるのであらかじめ医師と相談する必要があります。自分で禁煙するには、強い意思が必要となります。しかし自分だけでは、長年吸い続けたタバコを辞めるのは中々難しいです。医師にサポートしてもらうことで、正しい治療薬と一緒に禁煙に向かえます。

早期発見が大事

医者

城東区の内科では、様々な診療科目が利用出来るので気軽に足を運んで診察を受けることが出来ます。また、風邪などの症状の場合は医療機関を利用せずに自然治癒を試みる人も多いのですが医療機関を利用することが大事です。

利用場所の選択

ナース

内科を城東区で利用する場合には、利用場所を探す必要があります。医療機関によって料金や診察結果が異なってくるのでどこも同じというわけではなく、安心して任せることが出来る場所を選ぶことが大切です。

訪問診療も利用可能

聴診器

城東区にある内科では、訪問診療を利用することが出来る場所もあります。足腰が不自由な高齢者は、気軽に内科へ足を運ぶことが難しいため訪問診療を利用して診察を受けることが出来る便利なものとなっています。